歯周病の総論、その1

本日は、歯周病の総論を簡単に述べて行きたいと考えています。


近頃は歯周病と一般的に使われていますが、私達の子供の頃は歯槽膿漏(しそうのうろう)のほうが一般的だったような思い出があります。


では、歯周病と歯槽膿漏は異なるのか?私も以前は違いが分かりませでした。歯科医の先生に尋ねたところ、口内の病気全てを歯周病と表現しており、その中に歯槽膿漏や歯肉炎などが症状により個別にあるということでした。各症状を起こす原因菌、症状を起こしている箇所などによって病名が異なっているようです。


では、私は一般的な歯周病というものについて、全くの素人だった私が、一般の方々よりはかなり詳しくなった過程で知りえたことを皆さんと共有していきたいと思います。歯周病の主犯格であるジンジバリス菌を除菌できるヒノキ水で歯磨きを作ることになり、勉強を重ねた結果、知りえた事柄です。様々なことがあり、今も知識が増え続けています。ゆえに系統的にお伝えできないかもしれませんが、精一杯続けますのでお付き合い下さい。


まず、歯周病とは何ぞやということ。


ウィキペディアから引用させてもらうと、

歯周病(ししゅうびょう)とは、歯肉、セメント質、歯根膜および歯槽骨より構成される歯周組織に発生する慢性疾患の総称である。歯周疾患(ししゅうしっかん)、ペリオ (perio) ともいい、ペリオは治療のことを指すこともある。ただし、歯髄疾患に起因する根尖性歯周炎、口内炎などの粘膜疾患、歯周組織に波及する悪性腫瘍は含まない。


なんのことやら分かりませんね(笑)


私的にわかりやすくすると、ハグキと歯の病気を歯周病といい、口内炎などは含まないということだと理解しました。


いわゆる歯垢(しこう:食べかすなど)から菌が繁殖し、ハグキに炎症を起こしたりすることが一般的な歯周病ですね。ゆえに歯肉炎や、より進んだ歯槽膿漏も歯周病に含まれるということです。


では、歯周病になってしまうと、私達の口の中、身体の中はどうなっていくのか、

次回に続きます。

ご注文はお電話でも

03-3626-8241

受付時間 平日10:00~18:00

お問い合わせ

有限会社 トロフィー佐藤

〒130-0005 東京都墨田区東駒形1-5-5

TEL:03- 3626-8241

FAX:03-3622-2434

【生薬入浴剤 薬湯・芳泉】植物生薬100%で血行促進

産後の冷え、腰痛、肩こり、神経痛に・・・

 ↑詳しくはこちらをクリック