歯磨きの安全性について

口腔ケア製品(歯みがき、マウスウオッシュ)の市場規模は1200億円~1300億円といわれる中、テレビCMなどで「白い歯、歯周病予防、口臭予防」といった効能効果が謳われる一方、歯磨き剤の基剤の安全性についてはほとんど伝えられていません。

消費者も歯磨き基剤の安全性についての情報を得る機会がなく、CMなどから入る一方的な情報のみです。

 

私達は「マタニティママ歯磨きジェル」の開発にあたり、安全性が懸念されている原料は出来る限り使用しないようにしました。

「マタニティママ歯磨きジェル」の約80%を占める主成分は天然素材100%の木曽ヒノキ蒸留水、しかも構成成分の99%以上が天然由来なので安心です。

主な配合成分

※印の成分は安全性に問題有り

成分 マタニティママ歯磨きジェル 一般的歯みがき例(大手メーカー製品)
研磨剤

なし

炭酸カルシウム

無水ケイ酸

リン酸水素カルシウム

清掃剤

PEG-60水添ヒマシ油

 
基剤 木曽ヒノキ水(100%天然) 精製水
湿潤剤

ソルビトール

濃グリセリン

ソルビット液

濃グリセリン

プロピレングリコール(略称PG)※

粘結剤

キサンタンガム(糖質原料の発酵)

カルボマー

カルボキシメチルセルロースナトリウム

ヒドロエキシエチルセルロース

含水ケイ酸

アルギン酸ナトリウム

発泡剤(洗浄剤)

なし

ラウリル硫酸ナトリウム※

アルキルサルフェート(略称AS)※

POE硬化ヒマシ油※

香味剤

ハッカ油(精油)

合成香料(ペパーミントタイプ)※

サッカリンナトリウム※

薬用成分

グリチルリチン酸2K

モノフルオロリン酸ナトリウム

塩化ベンゼトニウム

フッ化ナトリウム※

防腐剤

なし

安息香酸ナトリウム※

パラベン※

酸化チタン

pH調整剤

水酸化K  

保湿材

乳酸桿菌/ワサビ根発酵エキス

乳酸桿菌発酵液

ヒノキ精油

イチョウ葉エキス

スイカズラ花エキス

セージ葉エキス

ヒアルロン酸Na

クチナシエキス

 

溶剤

エタノール

 

甘味剤

キシリトール

 

着色料

なし 合成着色料※

 

安全性が懸念されている原料

「マタニティママ歯磨きジェル」は、次のような安全性に問題のある原料を使用していません。

湿潤剤

プロピレングリコール(PG)

臓器の鬱血、赤血球減少、肝、腎障害、染色体異常。その他皮膚細胞の発育抑制や 皮膚炎の原因にもなる。 (旧表示指定成分)

発泡剤(洗浄剤)

ラウリル硫酸ナトリウム(合成界面活性剤): 

脱脂力が強く皮膚が乾燥して荒れる。毛髪の発育障害を起こす。白内障の原因となるほか、視力低下を引き起こす。

アルキルサルフェート(略称AS)(合成界面活性剤)

歯みがき後の食べ物の味が変わるのは、この合成界面活性剤が舌のミライ細胞を傷つけているため。

薬用成分

フッ化ナトリウム: 

脳に障害を与えるばかりでなく、悪性腫瘍(ガン)の成長を促進したり、死亡に至ることさえある。

防腐剤

安息香酸ナトリウム: 

けいれん、てんかんなど強い急性毒性、染色体異常を引き起こす原因となる。

パラベン: 

アレルギー性湿疹や皮膚炎を起こす場合がある。環境ホルモン物質の疑いがある。(旧表示指定成分)

香味剤

合成香料

化学的に合成した香料。

サッカリンナトリウム

子宮がん、膀胱がんの発生が懸念されている合成甘味料。

 

ご注文はお電話でも

03-3626-8241

受付時間 平日10:00~18:00

お問い合わせ

有限会社 トロフィー佐藤

〒130-0005 東京都墨田区東駒形1-5-5

TEL:03- 3626-8241

FAX:03-3622-2434

【生薬入浴剤 薬湯・芳泉】植物生薬100%で血行促進

産後の冷え、腰痛、肩こり、神経痛に・・・

 ↑詳しくはこちらをクリック